メニュー

博物館紹介開館カレンダー平成30年度催物案内利用案内ミュージアムグッズ展示案内体験・イベント案内博物館活用講座学校利用展示資料紹介埼玉古墳群紹介埼玉古墳群の最新調査成果さきたま古墳公園ボランティア募集アクセス申請書等県政出前講座よくある質問博物館実習Google アートプロジェクトリンク

所在地・連絡先

〒361-0025
 埼玉県行田市埼玉4834   GoogleMap
TEL: 048-559-1111(代表)
   : 048-559-1181(学芸)
FAX: 048-559-1112

 
 

カウンタ

COUNTER2947588

オンライン状況

オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人
埼玉古墳群


古墳群全景
埼玉古墳群全景(2007・5・23撮影)   写真の下が北

古墳の大きさ(単位m)
古墳名墳形墳丘全長後円部径後円部高前方部幅前方部高
二子山古墳前方後円墳132.2 67.0 11.7 83.2 13.7
稲荷山古墳120.0 62.6 10.4 82.4 9.4(推定)
鉄砲山古墳107.6 49.7 8.5 68.1 9.5
将軍山古墳90.0 38.8 63.6 8以上
中の山古墳(推定)79(推定)384.9 (推定)445.2
瓦塚古墳73.4 36.2 4.8 45.0 4.6
奥の山古墳66.4 38.4 5.6 43.2 6.0
愛宕山古墳54.7 26.4 3.6 31.4 3.7
丸墓山古墳円墳(直径)105.0 (墳高)17.2  
(※墳丘の高さは古墳時代当時の地表面から計測しています。)

 

埼玉古墳群の歴史

 

  江戸時代文化・文政期に編まれた、武蔵国の地誌をまとめた『新編武蔵風土記稿』には、遠くに忍城を望んで、忍川沿いに丸墓山と将軍塚が描かれています。
  
 

   埼玉古墳群を写した、最も古い1930(昭5)年の航空写真。丸墓山からのびる石田堤、前方部が土取りされていない稲荷山古墳、東方には後に失われてしまった前方後円墳の若王子古墳が見えます。
 
 
 
  
       戦前の丸墓山古墳                   戦前の二子山古墳
 
 戦前の丸墓山古墳には、石田堤とその両側にあった松並木が見えます。後に松はすべて枯れてしまい、現在の桜が地元の人たちによって植えられました。
 
 
 
 

     

  左は整備事業が始まる前の1973(昭48)年の丸墓山古墳、右は同じく整備前の稲荷山古墳です。丸墓山古墳には戦前の写真にもあった、石田堤に沿った松並木の最後の1本が写っています。稲荷山古墳はまだ前方部が失われた状態で、木々に覆われて水田の中に浮かんでいます。
 
 整備を開始する際に、どれかひとつ古墳の発掘を行うことになり、選ばれたのがこの半分壊れかけた稲荷山古墳でした。幸い土取りをされずに残った後円部の、盗掘もされずに残った第1主体部から見つかったのが、後に国宝に指定される金錯銘鉄剣です。その意味で稲荷山古墳と国宝鉄剣は、非常に幸運の星のもとにあったといえます。