所在地・連絡先

〒361-0025
 埼玉県行田市埼玉4834   GoogleMap
TEL: 048-559-1111(代表)
   : 048-559-1181(学芸)
FAX: 048-559-1112

 
 

カウンタ

COUNTER3021436

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

企画展示室

企画展「埼玉の古墳3-北足立・北埼玉・南埼玉・北葛飾-」を開催します

 県立さきたま史跡の博物館では、平成28年度から3回に分けて県内の古墳を地域ごとに紹介する企画展を開催しています。最終年となる今年度は「北足立・北埼玉・南埼玉・北葛飾地域」を取り上げます。

 本地域は、埼玉(さきたま)古墳群をはじめ100mを超える大型古墳が数多く築造された地域です。また、多くの古墳築造に伴い、東日本最大級といわれる埴輪製作窯跡で生産された埴輪が南関東の各古墳に供給されていたことから、古墳時代後期における政治・物流の中心的な地域であったことがわかっています。

 こうした北足立・北埼玉・南埼玉・北葛飾地域の古墳の出現から終焉までの背景について、近年の研究成果を踏まえながら紹介します。

1 開催期間

  平成30年9月15日(土)~1114日(水)

  900分~1630分(最終入館は1600分まで)

  休館日:月曜日(ただし、91724日、108日、115日は開館)

2 会場

  県立さきたま史跡の博物館 企画展示室

  (行田市埼玉4834)

3 展示資料総数 

  国指定重要文化財10点を含む、約120点

4 主な展示内容

(1)周溝墓から古墳へ

   弥生時代後期から古墳時代前期の方形周溝墓および大型古墳が築造される前

  の出現期段階の古墳から出土した資料を紹介します。

※主な展示資料

向山(むかいやま)遺跡(朝霞市)…方形周溝墓から出土した鉄剣3点

熊野神社古墳(桶川市)…関東でも屈指の副葬品(国重要文化財)

白鍬塚山(しらくわつかやま)古墳(さいたま市)…6世紀の墓から出土した鏡

                      (市指定文化財)

(2)前玉(さきたま)に大型古墳が造られる頃

   稲荷山古墳が出現する5世紀後半以降に築造された古墳の武器・武具などの

  副葬品をとおして、大型古墳が造られる古墳時代後期の時代背景を紹介します。

  ※主な展示資料

   永明寺(ようめいじ)古墳(羽生市)衝角付冑と馬具(市指定文化財)

   目沼9号墳(杉戸町)…馬に付けた装飾品鈴杏葉(埼玉県指定文化財)

   一夜塚(いちやづか)古墳(朝霞市)…方格T字鏡・鉄刀・鉄鏃(市指定文化財)

(3)埴輪の生産と流通 

   東日本最大級の埴輪窯跡である生出塚埴輪窯跡出土資料から生産地と供給地

  の関連性および県東部地域の武蔵型・下総型埴輪の共伴資料を紹介します

  ※主な展示資料

   生出塚(おいねづか)埴輪窯跡(鴻巣市)

    …東日本最大級の埴輪窯から出土した貴人埴輪と武人埴輪(国重要文化財)

   小沼耕地第1号墳(加須市)…水鳥・猪・馬の動物形埴輪

   塚内4号墳(春日部市)…下総型と呼ばれる千葉で製作された円筒埴輪

               (市指定文化財)

(4)古墳から寺院へ 

   終末期の古墳および古代寺院の出土資料をとおして、古墳時代の終焉から律令

  時代への流れを紹介します。

  ※主な展示資料

   八幡山(はちまんやま)古墳(行田市)…終末期の大型円墳から出土した銅鋺

   大久保領家遺跡(さいたま市)…新たな古代寺院に使用されたとされる軒丸瓦

5 観覧料

  一般200円(120円)、学生100円(60円)

  ( )内は20名以上の団体料金

   中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(付添1名含む)は無料

6 関連事業

1)講座①演題:「埼玉古墳群とその周辺の埴輪-生産と流通-」

      講師:日高 慎(ひだかしん)氏(東京学芸大学教育学部教授)

 ア 日 時 10月13日(土)1330分~1530

  イ 場 所 県立さきたま史跡の博物館 講堂

  ウ 定 員 70名

  エ 申 込 9月1日(土)900分から電話、ファックス、又は当館ホームページから電子申請で申し込み(先着順)

  オ 費 用 観覧料

(2)講座②演題:「熊野神社古墳とその前後」

      講師:橋本富夫氏(前桶川市歴史民俗資料館長)

  ア 日 時 11月10日(土)1330分~1530

  イ 場 所 県立さきたま史跡の博物館 講堂

  ウ 定 員 70名

  エ 申込み 10月1日(月)900分から電話、ファックス、又は当館ホームページから電子申請で申込み(先着順)

  オ 費 用 観覧料

(3)学芸員による展示解説

 ア 日 時 企画展開催期間中の毎週日曜日1400分~1430

  イ 場 所 県立さきたま史跡の博物館 企画展示室

  ウ 申 込 当日先着順

  エ 費 用 無料

7 問い合わせ先

  県立さきたま史跡の博物館 資料・展示担当 中山

  電話:048-559-1181

  FAX:048-559-1112

  ホームページ→http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/


    リーフレット(表).pdf
    リーフレット(裏).pdf