メニュー

博物館紹介平成29年度催物案内利用案内ミュージアムグッズ展示案内体験・イベント案内学校利用展示資料紹介埼玉古墳群紹介鉄砲山古墳の調査成果さきたま古墳公園アクセス申請書等県政出前講座よくある質問博物館実習Google アートプロジェクトリンク

所在地・連絡先

〒361-0025
 埼玉県行田市埼玉4834   GoogleMap
TEL: 048-559-1111(代表)
   : 048-559-1181(学芸)
FAX: 048-559-1112

 
 

カウンタ

COUNTER2690875

オンライン状況

オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人

f字形鏡板付轡

 

資料名

f字形鏡板付轡

ふりがな

えふじがたかがみいたつきくつわ

寸法

鏡板の全長17.3cm、引手の長さ12.1cm

年代

古墳時代後期

文化財の指定

国宝

地域

行田市埼玉

解説

埼玉古墳群の稲荷山古墳第1主体(礫槨)の出土品。馬の口に噛ませる銜(はみ)、手綱(たづな)を取り付ける引手(ひって)、銜の外側で馬の口の側面の飾り板である鏡板(かがみいた)からなる金具。二連式の銜、f字状に湾曲した鏡板、三連の兵庫鎖(ひょうごぐさり)が付いたひさご形の引手壺が特徴である。鏡板の本体は鉄地金張りで、細かい斜線列の刻みを付けた鉄板に銀を被覆した縁金具(ふちかなぐ)を瓜実形の銀被覆鋲で留めている。朝鮮半島からの舶載品と考える説もある。