メニュー

博物館紹介平成29年度催物案内利用案内ミュージアムグッズ展示案内体験・イベント案内学校利用展示資料紹介埼玉古墳群紹介鉄砲山古墳の調査成果さきたま古墳公園アクセス申請書等県政出前講座よくある質問博物館実習Google アートプロジェクトリンク

所在地・連絡先

〒361-0025
 埼玉県行田市埼玉4834   GoogleMap
TEL: 048-559-1111(代表)
   : 048-559-1181(学芸)
FAX: 048-559-1112

 
 

カウンタ

COUNTER2690886

オンライン状況

オンラインユーザー25人
ログインユーザー0人

龍文透彫帯金具

 

資料名

龍文透彫帯金具

ふりがな

りゅうもんすかしぼりおびかなぐ

寸法

銙板の縦2.79cm、横4.24cm

年代

古墳時代後期

文化財の指定

国宝

地域

行田市埼玉

解説

埼玉古墳群の稲荷山古墳第1主体(礫槨)出土品。布製の帯の表面に取り付けて装飾するための金具。帯をしめるための鉸具(かこ)、帯の表面を飾る銙板(かばん)、帯の先端に取り付けて帯本体に挟み込んで留めるための鉈尾(だび)から成る。銙板は16枚あったと考えられている。銙板には頭が左向きでU字状に身体を湾曲させた形の龍の文様が透かし彫りされ、下部には鈴が1個ずつぶら下がっている。帯の全長は約120cm、被葬者の胴回りは80cm前後と考えられている。