所在地・連絡先

〒361-0025
 埼玉県行田市埼玉4834   GoogleMap
TEL: 048-559-1111(代表)
   : 048-559-1181(学芸)
FAX: 048-559-1112

 
 

カウンタ

COUNTER3083381

オンライン状況

オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
企画展示室
テーマ展「埼玉の平安-“兵(つわもの)”の目覚め-

 

 

 県立さきたま史跡の博物館では埼玉県教育委員会所蔵資料の活用を図るため毎年テーマ展を開催しております。今年は埼玉県における平安時代をテーマとした展示を行います。

平安時代は動乱の時代でした。平安時代前期には律令制度が崩壊したことで混乱していました。平安時代後期には混乱の中で力を蓄えた人びとが“兵(つわもの)”になり、やがて武士へと変貌していきます。今回の展示では、埼玉県内で発掘調査された遺跡から出土した資料をもとに、埼玉県の平安時代の特徴を紹介いたします。

また、今回の展示では県立歴史と民俗の博物館で開催される企画展「埼玉の官衙-律令時代の“お役所”-」と連携してスタンプラリーを実施します。

 

1 会期

2019223日(土)~69日(日)

  ※月曜休館(祝日・振替休日は開館)

 

2 開館時間

900分~1630分(入館は1600分まで)

 

3 会場

県立さきたま史跡の博物館 企画展示室

(行田市埼玉4834

 

4 観覧料等

一般200円(120円)、高校生・学生100円(60円)

( )内は20名以上の団体料金

中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(付添1名含む)は無料

 

5 主な展示内容

(1)新たな時代

平安時代前期に大量に生産された須恵器と鉄製品について紹介します。

※主な展示資料

山下窯跡【鳩山町】出土の須恵器の坏(つき)

台耕地遺跡【深谷市】出土の製鉄炉の羽口(はぐち)

 柳原遺跡【鳩山町】出土の香炉形土製品(こうろがたどせいひん)

 

(2)新天地の開発

平安時代前期から開発された遺跡の資料を紹介します。

※主な展示資料

 中堀遺跡【上里町】出土の灰釉陶器(かいゆうとうき)の壺、土師器(はじき)の皿

 

(3)“兵(つわもの)”の目覚め

平安時代後期にみられる灰釉陶器などの遠方との交流を示唆する資料を紹介します。

※主な展示資料

飯塚北遺跡【熊谷市】出土の灰釉陶器の皿

中堀遺跡【上里町】出土の緑釉陶器(りょくゆうとうき)の皿

 

(4)そして武士へ

平安時代後期の“武士”との関わりが強い資料を紹介します。

※主な展示資料

下田町遺跡【熊谷市】出土のかわらけ

大寄遺跡【深谷市】出土の須恵器(すえき)とも土師器(はじき)ともつかない土器

 

6 関連事業

(1)展覧会スタンプラリー(展覧会を巡りスタンプを集めると景品を差し上げます)

ア 期 間    201912日(水)~69日(日)

イ 対象展覧会  歴史と民俗の博物館の企画展「埼玉の官衙-律令時代の“お役所”-

         さきたま史跡の博物館のテーマ展「埼玉の平安-“兵”の目覚め-」         

ウ 景品配布数  先着300名様分(無くなり次第終了とさせていただきます)

スタンプラリー_台紙.pdf

 

(2)さきたま講座 考古学講座⑦

ア 日 時                201939日(土)1330~1530

イ 場 所                県立さきたま史跡の博物館 講堂

ウ 講 師                富田和夫氏(公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団)

エ 演 題                埼玉の平安時代の土器生産-須恵器と土師器-

オ 定 員                70

カ 申 込                21()900分から電話、FAX又は当館HPから電子申請

キ 費 用                観覧料

 

(3)学芸員による展示解説

ア 日 時                月末の日曜日(2/243/314/285/261330~1400

イ 場 所                県立さきたま史跡の博物館 企画展示室

ウ 解説者                当館学芸員

エ 内 容                テーマ展のガイドツアー

オ 定 員                なし

カ 申 込                当日先着順

キ 費 用                観覧料