メニュー

博物館紹介平成29年度催物案内利用案内ミュージアムグッズ展示案内体験・イベント案内学校利用展示資料紹介埼玉古墳群紹介鉄砲山古墳の調査成果さきたま古墳公園アクセス申請書等県政出前講座よくある質問博物館実習Google アートプロジェクトリンク

所在地・連絡先

〒361-0025
 埼玉県行田市埼玉4834   GoogleMap
TEL: 048-559-1111(代表)
   : 048-559-1181(学芸)
FAX: 048-559-1112

 
 

カウンタ

COUNTER2721837

オンライン状況

オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人
国宝展示室
 
 
  国宝展示室

 

 
    当館の象徴である国宝金錯銘鉄剣(こくほうきんさくめいてっけん)は、5世紀末の古代国家成立のなぞを解くための超一級資料です。
   100年に一度の大発見と言われた鉄剣は実物を見ていただくために、保管と同時に展示も可能な鉄の酸化を防ぐための特別なケースの中にかざられ、館内の国宝展示室でご覧いただけます。
   1500年前の王がなにを伝えたかったのか、我々に身近な漢字で刻まれた115の黄金の文字をたどることにより、読み解くことができます。
 
   その他にも、発掘によって稲荷山古墳の埋葬施設から出土したヒスイの勾玉や鏡などの副葬品も、すべて一括で国宝に指定されています。これらも国宝展示室で見ることができます。  
 
   
  国宝 ヒスイ勾玉と銀のイヤリング  国宝 画文帯環状乳神獣鏡          国宝 帯金具
 
 
 
国宝展示室ではその他にも将軍山古墳から出土した、全国でもまだ3例しか見つかっていない馬につける鉄のカブトである馬冑(ばちゅう)、なぞの鉄器と言われ、後に馬の鞍(くら)につける旗ざおを装着するための金具であることが分かった蛇行状鉄器(だこうじょうてっき)など、埼玉古墳群の各古墳から出土しためずらしい出土品も見学できます。
 
  
     馬 冑                 蛇行状鉄器                    鞍金具
 
     
                                                         展示室内風景