メニュー

博物館紹介平成29年度催物案内利用案内ミュージアムグッズ展示案内体験・イベント案内さきたま秋祭り 11月14日(火)いっしょに巡ろうスタンプラリー学校利用展示資料紹介埼玉古墳群紹介埼玉古墳群の最新調査成果さきたま古墳公園ボランティア募集アクセス申請書等県政出前講座よくある質問博物館実習Google アートプロジェクトリンク

所在地・連絡先

〒361-0025
 埼玉県行田市埼玉4834   GoogleMap
TEL: 048-559-1111(代表)
   : 048-559-1181(学芸)
FAX: 048-559-1112

 
 

カウンタ

COUNTER2783723

オンライン状況

オンラインユーザー30人
ログインユーザー0人

よくある質問②

        Qなぜ古墳はすべて茶色なのですか?
 
        古墳が茶色に見えるのは、長い年月で表面の土が露出してしまったことが原因として
         れます。(冬で表面の芝生が枯れているためかもしれません…)
        Q古墳の名前はどうやって決まるのですか?
 
 
        A古墳の名前は、古墳の埋葬者が誰か特定できない古墳が多ので、墳丘に「お荷さん」あった
         ので「稲荷山古墳」、古墳の近くに「瓦屋さん」があったので「瓦塚古墳」等、古墳環境
                      から名づけられています。
        Q古墳に穴がないのに、どうやって遺体や副葬品を古墳の中に埋葬したのですか?
                   
        A遺体の埋葬方法には、竪穴式と横穴式があります。竪穴式は、墳丘(古墳のてっぺん部分)
         から縦に穴を掘って埋葬部分をつくります。横穴式は、古墳の側面から横方向に入れる部屋(横穴式石  
         室)
を作ります。
         遺体や副葬品(勾玉や鏡)を埋葬部分(礫槨や石室)に納め終わるまでは、埋葬部分に通じる
         や入口を残したまま古墳を作ります。
         そして、遺体や副葬品を埋葬し終えると、石や粘土で穴や入口を塞ぐと考えられいます。
         だから古墳には穴がないように見えるのです。
        Q名前がついている埴輪はありますか?
 
        葛飾区柴又八幡神社境内古墳から出土した埴輪には、「トラさん」と名前がついています。
         俳優「渥美清さん」が演じた「寅さん」のように帽子をかぶっているように作られていることから名づけら        
         れました。
       Q埴輪はいつごろ作り始められたのですか?
 
         「円筒埴輪」は弥生時代(2世紀~3世紀)の岡山県周辺(吉備地域)で用いられていた土器などを載せる
        ため
         の筒型の土器「器台」をおおもとの形としてと考えられています。
                      続いて、3世紀後半には「家形埴輪」「器財埴輪」の一部、4世紀ごろから「動物埴輪」、5世紀ご
           ろには「人物埴輪」がつくられ始め た、と考えられています。