メニュー

博物館紹介平成29年度催物案内利用案内ミュージアムグッズ展示案内体験・イベント案内学校利用展示資料紹介埼玉古墳群紹介鉄砲山古墳の調査成果さきたま古墳公園アクセス申請書等県政出前講座よくある質問博物館実習Google アートプロジェクトリンク

所在地・連絡先

〒361-0025
 埼玉県行田市埼玉4834   GoogleMap
TEL: 048-559-1111(代表)
   : 048-559-1181(学芸)
FAX: 048-559-1112

 
 

カウンタ

COUNTER2752429

オンライン状況

オンラインユーザー32人
ログインユーザー0人

愛宕山古墳

愛宕山航空写真 愛宕山古墳
(あたごやまこふん)

愛宕山古墳は、中央駐車場のすぐ東にあり、車を降りたお客さんを出迎える位置にたたずんでいます。長さ53mで、埼玉(さきたま)古墳群の前方後円墳としては最小です。

墳丘(ふんきゅう)
はやや変形しているためわかりにくくなっていますが、他の前方後円墳と同じく、前方部が南側になります。

周囲に建物が接していることもあり、あまり目立たず、周囲の古墳の大きさに気をとられると見落としてしまうかもしれません。

しかし、よく見ると墳丘に石仏(せきぶつ)
があり、まばらに生い茂る木立とともに、心落ち着く静かな空間となっています。

また、駐車場側の堀にはハナショウブが植えられており、二子山古墳同様、初夏には花を楽しめます。「愛宕山」の名は、かつて墳丘の上に愛宕神社(あたごじんじゃ)
がまつられていたことによるものです。

最小ではありますが、墳丘は、他の大型前方後円墳と同じく二重の堀に囲まれていることが、発掘調査により確認されています。

また、その際、武人(ぶじん)などの人物埴輪(じんぶつはにわ)、大刀(たち)・盾(たて)・きぬがさ(貴人(きじん)の傘(かさ))などの器財埴輪(きざいはにわ)、馬形埴輪(うまがたはにわ)や円筒埴輪(えんとうはにわ)
が出土しました。

円筒埴輪は高さ40cmほどで、古墳の大きさに比例するように、100m級の大型前方後円墳に立てられた円筒埴輪に比べ小さいものです。

それらの特徴から、この古墳は、二子山古墳に近い時期の、6世紀前半に造られたと推定されています。

愛宕山古墳
愛宕山古墳
 
愛宕山古墳は登れません。