メニュー

博物館紹介平成29年度催物案内利用案内ミュージアムグッズトレーディングカード展示案内体験・イベント案内学校利用展示資料紹介埼玉古墳群紹介埼玉古墳群の最新調査成果さきたま古墳公園保存整備協議会ボランティア募集アクセス申請書等県政出前講座よくある質問博物館実習Google アートプロジェクトリンク

所在地・連絡先

〒361-0025
 埼玉県行田市埼玉4834   GoogleMap
TEL: 048-559-1111(代表)
   : 048-559-1181(学芸)
FAX: 048-559-1112

 
 

カウンタ

COUNTER2817959

オンライン状況

オンラインユーザー16人
ログインユーザー0人

将軍山古墳

将軍山古墳航空写真 将軍山古墳
(しょうぐんやまこふん)

埼玉古墳群の北東部にある将軍山古墳は、6世紀後半に築かれた全長90mの前方後円墳です。明治時代に後円部にあった横穴式石室が発掘され、馬具(ばぐ)や環頭太刀(かんとうたち)など豊富な副葬品(ふくそうひん)が出土しました。

しかし、墳丘東側が削平(さくへい)されており、石室の一部が露出(ろしゅつ)するなど崩壊(ほうかい)の危険が迫っていました。そこで、埼玉県では1991(平3)年から墳丘と周堀の復原や墳丘に埴輪の複製品を並べるなどの整備を進めてきました。

崩落した墳丘部分をドームで覆い、古墳の内部に入って複製の石室や遺物の出土状況を見学できるガイダンス施設を建設し、1997(平9)年に将軍山古墳展示館としてオープンしました。


古墳の頂上部と中段の平坦な部分には埴輪が並べられ、墳丘のまわりには二重の堀が巡っており、外堀には通路のような土橋(どばし)が見つかっています。将軍山古墳は、主体部の発掘調査が行われ出土遺物も豊富なことから、埼玉古墳群の中では古墳の構造や時代が最もよく分かる古墳でもあります。

展示館には出土した埴輪や土層断面が展示してあり、薄暗い2階に上がると石室の中を再現した空間を見ることができます。石室の内部を見学した後には、隣の稲荷山古墳の頂上から将軍山古墳を見てください。古墳が造られた時代の姿を想像することができます。

将軍山古墳
将軍山古墳

将軍山古墳の埴輪列
軍山古墳の埴輪列

将軍山古墳は登れません。